東京でとって食べる生活

ノビルのお料理便利帳

calendar

reload

ノビル、あいつは本当に何処にでも生えていますよね。

河原にはもちろん。

ホラ、生えてる。

都心の公園にだってモサモサ生えてる。

この緑色のぜ~んぶノビル!

道路脇の植え込みにすらギュギュっと生えてる。

ツツジの横にはノビル

それどころか、コンクリのすみっこにもほらシャッキーン…!(ノビルくんがんばった)

なんでそんなところにまで!?ド根性ノビル

とまあ、こんな勢いでどこにでも生えるノビル。

今回はそんな何処にでも生えるノビルを料理に取り入れて活用しよう!というお話です。

スポンサーリンク

ノビルとは?

これからノビルをはじめていく方のために、ノビルについて簡単に説明しておきます。

ノビルとは… 野生のネギ です。

以上!

ハイ、スミマセン。簡単にしすぎました。

ノビルは野蒜と書き、昔から平地に自生しているネギの一種です。先述の通りとても生命力と繁殖力が旺盛で、日本のほとんど何処にでも生えています。

ちなみに韓国などではキムチやチヂミに積極的に利用される庶民的な野草なんだとか。

見た目はスーパーに売られている「ワケギ」に似た雰囲気なのですが、さて味はといいますとしっかりとした固さで白い部分に辛味をもつ「長ネギ」寄りの風味。

また引っこ抜くと根部にタマネギのような鱗茎を持つ事が特徴。

この部位はそのまんまタマネギに似た味わいで、葉とは別の使い方ができます。

よく話題になるノビルに似た毒草にスイセンなどがありますが、ノビルは以下のような特徴を持つため比較的かんたんに判別可能。

・中空であること
・断面が三角形であること
・ネギのにおいがすること

見分けるポイントが多く間違いづらいのも評価ポイントだと言えるでしょう。

ノビルは三角形、三日月型やまん丸なのは別の野草なので注意

このノビルの何がスゴイって、誰も世話をしていないのに美味しいこと!

荒れ地で誰も水をやってくれるわけでもないのに、このプリッとした根とシャキシャキした葉を提供してくれるのです。例えばこれがニンジンだったらきっとゴボウのように固く細くなっていることでしょう。ノビルえらすぎか!

ノビルをとる

さて、そんな偉いノビルをとるには「ちょっと掘る」のがコツ、引っこ抜こうと強い力をかけるとプチッと折れてしまいます。

スコップなどで掘る場合、せっかくの根を傷つけるともったいないのでノビルの少し手前から入れていきましょう。

手前から削るようにノビル側に掘っていき、近くまできたら後はやさしく手でほぐすように崩すとベター。

また、採取が終わったら、掘った穴は食べないくらい小さいノビルと共にきちんと埋めましょう。そうすると同じ場所にまたノビルが生えてきます。つまり無限ノビル、必ず埋めましょう。約束ですよ。

ノビルを食べる

それでは本題、とったノビルを食べます。

ノビルは極論そのまま味噌つけて食べられるくらい優秀な食材なのですが、調理をするとよいっそう美味しくいただけます。

誰しも一度は夢にみるノビルの現地食べですが、生食は衛生的な問題が!

ノビルの下ごしらえ

ノビルはよく洗って、根っこの鱗茎ぶぶんの薄皮をペリッと剥いておきましょう。

茎と根で食感が異なりますので、切り分けて使ってもOKですし、

分けずに、ノビルの根に葉を巻いて一口サイズにするのもアリです。

ノビルくるくる、365日野草を食べてる方から教えていただきました!

さて、下ごしらえが済んだら調理していきましょう。

ひとくち湯でノビル

シンプルに茹でただけ。味噌をつけて食べるとシャキッとカリッ。ほのかな甘さと味噌が合います。口の中が芳醇な香りでいっぱいになり「酒をもてえー!日本酒を所望するーーー!」ってなることうけあい。

先述の「ノビルくるくる」をやって一口サイズにすると食べやすくてよろしい。

へたっぴでちょっと解けてしまっているのはご愛嬌♪

ノビルソース

下ごしらえのすんだノビルをお好みの大きさに刻みまして、

醤油1:みりん1のタレを加えサッと火を通します。お酢と、ゴマ油もしくはラー油もお好みでどうぞ。

これだけで出来上がる常備菜がノビルソース。

蒸し鶏にタップリかけてみました。ほおばるとさわやかなネギの香りがブワッと広がりたまらない美味しさ♪たまに歯に当たる根のコリコリっとした食感がノーマルなネギにはない特別な喜び、すばらしきかな~!

これさえあればご飯がいくらでも食べられます

ノビル入り卵焼き

湯でノビルで鱗茎だけ食べたいときがあったりします。そんなときに残る葉っぱ、これは卵焼きに混ぜ込んでしまいましょう。

割った卵にきざんだノビルをタップリと。少しの醤油と砂糖を加えて焼き上げます。ノビルの野性味がネギというよりなんだかニラ?これはニラなのでは?という雰囲気を醸し出し、ニラタマ焼きのような味わいに。アリです!

ケチャップや甘酢あんをかけてもウマい!

ノビル餃子

ニラっぽさがでるのであれば!!ということでニラの申し子である餃子もイケます。

ノビルの鱗茎を包丁でざくざくきざみまして~

豚肉とまぜまぜ。このときは葉っぱを別に使ったために入れませんでしたが、入れるとよりニラっぽさがでてGood。

餃子の皮でテキトーにそれっぽくにつつんだら~

フライパンで蒸し焼きにしましょう。

でん!ノビル餃子。皮に封印されたノビルの野性味がはちきれるそのとき、約束されたウマさがあなたに訪れるでしょう!

茶色いものはだいたいウマい!!

ノビルのてんぷら

野草・山菜界においててんぷらでマズいものはないと言われておりますが、ノビルもいわずもがな。

刻んでかき揚げにするのもステキなのですが、今回はノビルくるくるに天ぷら粉をまとわせ揚げてみました。

カリッといっちょう揚がり。揚げることで鱗茎に甘みがでてきて、香りとのマリアージュがたまりません!塩だけで十分、上品な味わいで何個でも食べられそうです。ビールかな~??いやハイボールもアリですね~~~!!

てんやとかのチェーン店で採用されてもおかしくないのに、なんで出さないんだろう…

以上!

ノビル料理の紹介でした。

他にもうまいレシピをお持ちの皆様ぜひコメント欄で紹介してください♪


○まとめ

ノビルは色々な料理に使える万能選手。万能ネギよりも万能かもしれません!それでいて、どこにでも生えており簡単に採取することができます。

きっとあなたの身近にもノビルは生えてます。ぜひぜひ探してお好きな料理に使ってみていただきたい。それではよいノビルライフを。

■ノビル
ヒガンバナ科ネギ属の多年草。野蒜と書き、蒜(ヒル)は昔の言葉でニンニク。野生の蒜ということで野蒜という名前になったんだとか。古事記にもその名前が出てくるほど古くから食べられていた。春が旬だがほとんど年中採取できる優秀な野草。鱗茎が分裂して増えるほか、夏にはムカゴでも増えるたくましいヤツ。


ポチってくれると励みになります!
にほんブログ村 アウトドアブログ 自然体験へ

記事をシェアする

コメント

  • ノビル餃子は作ってみたいです!

    ノビルは、納豆、カツオのたたき、アジのたたき、蕎麦などに刻んだノビルをトッピングして食べるのが好きです。

    by ganso_nozarashi 2019年4月10日 10:43 PM

    • ノビルのトッピングいいですねー!薬味としても手頃な大きさなので優秀。しかし非加熱で食べるなら清潔なところで採集くては~

      by totte_taberu 2019年4月12日 12:29 AM

  • ノビルくるくるが可愛いので投コメ。

    1コメの方が鰹やアジのタタキと
    合わせてらっしゃる通り、
    この野草は青魚、赤身の魚との相性が抜群です。
    マグロ血合の唐揚げを
    ノビル、すりゴマ(白)、黒酢、塩のタレで
    是非一度試していただきたい…!

    以上、今春初めてノビルを口にした者からの
    ささやかな提案でした。

    by 野猿 2019年5月19日 4:03 AM

    • >野猿さん
      素敵なレシピをありがとうございます。

      ノビルとお酢ですと、油淋鶏みたいな感じでしょうか。味も香りも濃厚そうでめちゃくちゃ美味しそう。こんどマグロのいい感じの見つけたらチャレンジしてみますね!

      by totte_taberu 2019年5月20日 11:08 PM

  • コメ返有難うございます。

    >油淋鶏みたいな感じでしょうか。
    すみません、レシピ提案のつもりの
    自コメントの内容が曖昧でした。
    私の好みで補足すると、
    油淋鶏と同じ点(1)と違う点(2)があります。

    (1)は、ノビル偽茎の細切れのみを生で使うという点です。
    生偽茎の尖った香りと辛み、シャキシャキ歯ごたえがマグロの唐揚げの風味とカリ食感によく合うと、個人的に思います。

    (2)は、一口サイズの血合切身の揚げたものをタレに都度つけて頂くという点です。
    油淋鶏は揚げてから切り分けたものに
    タレを回しがけて頂くスタイルですが、
    それだと衣がへたり、鶏肉より脂の少ないマグロ血合肉に、必要以上にタレの酸味が沁みてしまいます。
    唐揚げのカリ食感と、タレの風味との仲良し感を楽しめるのは、Not 油淋鶏スタイルだと思います。

    補足(1)については、野草を生で使える条件が限られると思います。
    住まいの近くのノビルはもう
    カチカチなので、
    茹でを試すのは来年になりそうです。

    あと、追加の補足ですが、
    マグロ血合はボウルなどに張った水に
    1時間ほど沈めて血抜きしたものを使います。
    (血抜き法をご存知でしたらすみません)。

    以上、補足が長文になり恐縮の至りです。
    狩猟採集活動およびブログの更新、
    お忙しいと存じますが応援しております。

    by 野猿 2019年5月27日 12:37 PM

    • >野猿さん
      丁寧な解説を有難う御座います。生となると衛生的に心配がありますが、熱したタレに食感を損なわない程度につければ滅菌できるかな?またノビルの季節に鳴ったらやってみたいと思います。

      by totte_taberu 2019年5月29日 1:13 AM

down コメントを残す




スポンサーリンク