東京でとって食べる生活

アナハゼは世にも奇妙な青い刺し身

calendar

reload

青い魚を食べました。

えっと、いわゆるサバやイワシのような青魚ではなくて。

鯖、背が青いので青魚と呼ぶそう

では、ディズニーの映画にでてくるようなブルーのお魚か?というとそうでもありません。

ナンヨウハギ (wikipediaより)

 

身が青い、お魚なんです。

でろーん、
なんとも気味の悪いライトブルー

どちら様かといいますと、アナハゼという魚です。

岩場や岸壁のテトラに住んでいる小型の魚。

岸壁でワーム(下の写真のもの)をぴろぴろ動かしていたら釣れました。

外見は保護色をしており青いわけではないのですが、何故だか内部が青いんです。

ひょいっと口の中を覗いてみるとみると舌まで真っ青。

どうしてこんな色にしたんだ君は

あんまりにも毒々しい色合いですが、毒はなく、刺し身でもいけるそうです。

興味が湧いたので食べてみようと、一緒にとってきたカサゴやベラと一緒にお刺し身にしてみました。

それではクイズ!
どれがアナハゼの切り身でしょうか?

はい。
そうです、あの身ですね。

比べてみるとわかる、驚きの青さ・・・

皮を剥ぐと透明感がでて、宝石のようなライトブルーに♪

はいそこ。「ブルーレット置くだけ」みたいなのを想像したかた、怒らないので出てきてください。

しょーじきまったく食欲がわきませんが、思い切って実食。

醤油をつけてぱくり、

おっと美味しい。さっぱりした白身魚の味わい、これだけ青くても味は普通です。

ついでに天ぷらも作ってみました。

クイズ!
どれがアナハゼの天ぷらでしょうか?(高難易度)

残念、正解はイチバン右のもの。

世にも珍しい青い天ぷらが出来るかとおもいきや、ごく普通の白身魚に変化してしまいました…。

期待していただけに気分がちょっぴりブルー

見た目のインパクトが無いのでフツーに美味しく食べられましたが、何だかちょっと損した気分。

アナハゼがとれたら、是非ともお刺身にしてぜひブルーな切り身を口に運んでいただきたい!

ごちそうさまです。


○まとめ

アナハゼは世にも珍しい切り身が真っ青なお魚、意外にも食べてみると普通の白身魚で美味しい。

沢山釣って、青い刺身盛りを作ったらインスタ映えしそう。いつかチャレンジしてみたいものです。

 

■アナハゼ
スズキ目カジカ科アナハゼ属、本州の北から九州まで広い範囲の浅瀬の岩礁地帯に住む。隠れ家が多い場所がポイント。肉食で動くものに弱いため疑似餌がオススメ。【おまけレシピ】ライトブルー刺し身盛り

【材料】
アナハゼ x数匹
※半身で一口サイズ、沢山釣りましょう!

【作り方】
1.
アナハゼをさばきます。
①包丁の背で鱗を落としよく洗う
②頭を落とし、背と腹から包丁をいれ三枚におろす
③腹骨を落とし、包丁で皮を剥く。丈夫でむきやすい
④埋没骨を骨抜きで除く(気にならなければ不要)
⑤好みの大きさにきりわけます

2.
盛り付けて完成です。
黒いお皿を使うとより色が映えるのでオススメ!

 


ポチってくれると励みになります!
にほんブログ村 アウトドアブログ 自然体験へ

記事をシェアする

コメント

  • 石垣島のホテルで働いていた時にナポレオンフィッシュを捌きましたが、これもこんな感じの白身でした。
    餌などでこうなるのでしょうか?

    by GAMBIT 2019年1月18日 3:23 PM

    • 石垣島ではナポレオンフィッシュが食べられるんですね~!ふえ~すごい、羨ましい。本当にどうしてこういう色になるのでしょうね、カサゴなどの魚とそう変わらないハズなのですが、どこかに研究してくれてる方などがいればあるいは…!

      by totte_taberu 2019年1月19日 1:49 AM

down コメントを残す