東京でとって食べる生活

野肉会@吉祥寺 レポート(実食編)

calendar

reload

野肉会のレポート、前編のあらすじ

とった鳥を食べる会あらため #野肉会 として始まった野食イベント

野肉会@吉祥寺 レポート(準備編)

開始するとぞくぞく参加者の皆さんから食材が!(本当にありがとうございます、感謝)

こうして、野肉会がはじまったのです!

かんぱーい!

ではでは早速、ありがたくも食べさせて頂いた料理を紹介していきましょう!

まずはタイトルを冠したジビエ肉系から、

イノシシ肉のソテー

豚に似ているもののどっしり味わい。臭みなくジューシーなお肉でした。ウマシ

カラスープ、カラスガラを圧力鍋で煮込んでます

独特の謎出汁がでてます。カブと合わせて優しい味わい。

ヒドリガモ鍋

力強い鴨の味。熟成させたヒドリガモ肉は全く嫌な風味がしません。ヒドリガモいけますよ!

鴨スープもギュンギュンに出汁がでて美味しい!うどんでいただきました。

ここらでカラス肉もいっときましょう

片栗粉をまぶして、

じっくり二度揚げ

カラスの唐揚げ

完成。カラスは唐揚げで全員に振る舞う事ができました。いやはや満足、味も好評でそれもうれしい限り。

余ったカラ唐揚げをジャンケンで奪い合うという壮絶な結果に!どうやらカラスの魅力は十分に伝わったみたいですね(笑)

お次は海鮮系、

ハナマルユキとキイロダカラのむき身

貝殻のとても綺麗な貝としてDPZでも紹介されていたタカラガイ。新鮮です(笑)

温めた貝を金属の道具で割っていました

「貝の中身を取り出すノウハウを手に入れた」とのことでしたが、悲惨なことに飛散したりして、なんだかんだ砕くのは大変そうでした。ご苦労さまです。

ウツボの煮こごり

「骨がヤバイ」と噂のウツボは、問題の骨がキレイに除かれて食べやすい。ウナギやアナゴのようなニョロニョロ系の強い味わい。

オシャレ料理も登場、

サカタザメのマスタードカレー

同じ方の作品がもうひとつ、

コイのヨーグルト煮

どちらの料理も美しい♪

合わせてベンガルカレー

ライスと並べて野食ベンガルカレー。ものっそ高いレベルの完成度ですね~。エスニカルでたいへん良い味。

どうやってこんな味を作り出すのかまったくわからない、今度作り方教えてください(マジで)

お次はキノコ系。

ホウキタケのアワビ風オイスターソース炒め

珍しいホウキタケ、マイタケに似た独特の食感でした。※もちろん毒のない品種だそうです。

ホウキタケの炒り煮

ホウキタケをもう一つ、味が染みてたいへんよい。

アミガサタケのクリームパスタ

春に採取して保存していたアミガサタケとのこと、旨い!

ヤマドリタケモドキのクリーム煮

めっちゃ美味しいシチューでした!ヤマモの味はどれだろう?市販のシチュールーを使ったらヤマモがシチューに負けたとの事でわからず。残念

もちろん野草系もいただきました、

キクイモとハマダイコンのアヒージョ

「野草はクセを活かすべき」とおっしゃっていた方の料理。揚げ物パワーで野草くささが飛び、普通に甘くて美味しい。初心者向けにしてくださってありがとうございます(笑)

ほかほかムカゴ

大ぶりのムカゴをシンプルにゆであげ。塩だけで美味しい!

デザートも完備、至れり尽くせりだなあ…。

どんぐりきな粉とわらびもち

ドングリをきな粉やキャラメリゼにしてくれています。手が掛かってる…!

左の緑のものは未熟な桃の砂糖煮という珍しい食べ物。その他にお庭からやってきたアロエなども登場しました。

また、写真を取りそこねてしまいましたが、ビール、日本酒、ワインなどもお土産にいただきました。

山梨の甘口ワインは絶品でしたし、酒処の日本酒は甘露。幸せです。

お酒というところで野食酒も登場、

ノチーノ、セミ酒、ブラックチェリー

セミも含めてどれも美味しいのですが、この中でぐんぐん減ってったのが「セミ酒」というところが、この会の表情を表していて最高に好きです!!

盛り上げってきたところで、野食コラボレーション!

シシ脂とムカゴの炒めもの

シシ脂とムカゴがコラボレーション、炭水化物のクッションに脂の甘みが合わさりボリューミーな味わいに進化☆

野草アヒージョに砂肝がイン♪
野食とは思えないビジュアル系の料理が完成。

さて、このあたりで満足されたのか、なんだか皆さんまったりとされはじめたので、

起爆剤を投入していきましょうか!

キンクロハジロ登場!

さばいておいたキンクロハジロの胸肉をソテー、突然立ち込める野鳥のかおり、たいへんよいですね!

キンクロハジロの照り焼き

照り焼きで振る舞いました、キンクロハジロは海鴨系で「くさくてマズイ」と言われますが、こちらは熟成のおかげか悪くありません。

旨味や香りは鴨なのですが、噛みしめると「メザシ」や「イワシ」の干物のような、魚の内臓の味わいが広がります。不思議なヤツですね。お酒のアテにいいかんじ。

お次は~

キジバト解体

ジビエの定番、キジバトを解体していきます。

ジュッとソテー

さくっと解体してソテーに。

キジバトのソテー

胸肉をソテーで提供。
ここまでずっとローズマリーが写真映えのいい仕事してます!

その他、コガモ鍋を新たに作ってうどんを出したりしましたが、パワーあふれる皆さんのおかげでほぼすべての料理を完食。

あっさり完食

料理がはけてきたところで終了時間が近づいてきましたので、あと片付けをして閉会と相成りました。

参加して下さった方々、おつかれさまでした!


○まとめ

イベント楽しかったです!

参加して下さった方、ありがとうございました。皆さんのおかげで言葉では語りきれないほどボリューミーで学びのあるグレイトなイベントになりました。

今回一番の学びは野食系イベントは主催側というよりも、参加者の方々で作っていくイベントというコト。今回は本当に魅力的なひとたちにイベントを作り上げていただけて感謝しております!

メッチャ面白かったので、いずれまた開催したいですね!
その際はまた宜しくお願いします。

たけおさんがブログにまとめて下さいました。
こちらも是非御覧ください!
たけおのブログ 181216 野「肉」会行ってきた!

ポチってくれると励みになります!
にほんブログ村 アウトドアブログ 自然体験へ