ハハコグサで草モチとあのポケモンを作る

野草・山菜ハハコグサ


#とって食べるドキュ
農業害鳥であるヒヨドリ。エアライフル猟で駆除しつつ、そのおいしさを紹介します。

ハハコグサという草がいます。

誰しも見たことがあるようなその辺の雑草なんですけど、

ハハコグサ
本日の食材、ハハコグサ(5月)

植物図鑑によると、昔はこれで草モチを作っていたらしいのです。

「草モチはヨモギで作るものだ」とばっかり思っていたので、これには驚き!

ヨモギをとって白玉粉でかんたん草餅づくりにチャレンジ

 

ヨモギではない草モチ、いったいどんな味がするのでしょう?

めっちゃ気になったので実際に作って食べてみましたよ。

ハハコグサとは?

ハハコグサってのはキク科の植物で、春頃に黄色ぽふぽふしたを咲かせるヤツ。

春の七草ではゴギョウとも呼ばれます。

ハハコグサ
空き地のハハコグサ(5月)

どこでも生える雑草属性のやつなので、どこかで見たことあるのではないでしょうか。

特徴は黄色い花だけでなく、この葉っぱにもあります。

ハハコグサの葉っぱ

ひょろりふわりとした見た目の葉っぱ、表面がうっすら白いのですが…

これなのです。

毛のような繊維が葉全体を覆っていて、まるで動物の手足のような印象を受けます。かわいいですね。

で、かわいいだけでなく、この毛(繊維)がちょー大事。

つんだハハコグサ

今はヨモギで作るのが定番の草モチ、

むかしむかし、江戸時代とかの昔はヨモギではなくて、このハハコグサで作っていたらしいのですが、

その理由は

この毛がつなぎとして役に立っていたみたいなんです。当時のモチ米は今と比べてモチモチ度が足りなかったのでしょうかね?

ヨモギではなくこちらちがスタンダードだったんだそう。

すごいぞ毛!

ハハコグサの葉っぱ

その後時代が進むにつれ、ヨモギを使うように変わっていったそうなのですが…

ヨモギではない昔の草モチはどんな味だったのでしょう?

ハハコグサの草モチ、ハハコモチを作る

そりゃあもう、作って確かめなきゃあいけないですよね。

ということで、つんできたハハコグサの葉っぱで草モチをこしらえますよ。

ハハコグサの葉っぱ、洗ったやつ

ヨモギの草モチに対してハハコモチと呼ぶことにしましょう。そうしよう。

まずは葉っぱに水を加えてフープロでギューンとペーストに。

ハハコグサの葉っぱをペーストにする

…しようと思ったんですが、うまくいきません。

少量だからか、軽いからか?

ハハコグサの葉っぱとミキサー

仕方ないので、小型のジューサーにバトンタッチ。

再ギューン!

ハハコグサの葉っぱとミキサー

いい感じにペーストになりましたよ。

ハハコグサの葉っぱとミキサー

【宣伝】使ってるジューサーは山善ミルミキサー!スパイス粉砕用にも重宝します。

んで、白玉粉を用意し、

白玉粉

葉っぱと合わせます。どばー!

白玉粉とハハコグサのペースト

繊維のフワフワ具合が分かりますでしょうか。

ペーストにすると毛の存在感が際立ちます。これは期待できるのでは…!?

白玉粉とハハコグサのペースト

コレを練るとこんな感じ、見慣れた草モチに近い緑色の団子ができました。

ハハコグサのおもち

これを白玉よろしく、茹でてみまして…

ハハコグサのおもち

ぶくぶくぶく~

ハハコグサのおもち

数分茹でると、しっかり緑色のモチになりました。

いい感じなのではないでしょうか。

ハハコグサのおもち

あんこを添えて完成!

ハハコグサで作る草モチ、ハハコモチ。

ハハコグサのおもち

いただきま~~~~す。

ぱくり。

味はやさしめ。

ヨモギに似た香りはするのですがずっと穏やか、なるほど味はヨモギのほうが上ですね。

ハハコグサのおもち

代わりに食感はすばらしい。

ヨモギで作るよりもずっとプルプルで、ぎゅむっと弾力があってしっかりめ!

それでいて嫌な感じはなくって、これはこれで美味しい♪

ハハコグサのおもち

これだけ丈夫なら、うすーく伸ばしたりもできちゃうのではーーー??

とやってみたらこのとおり!余裕で生地になりました。

ハハコグサのおもち、伸ばした

なんだかうどんとかも作れちゃったりしそうですが、

せっかくですし、ちょっと工作でもしてみましょうそうしましょう~

ハハコモチの花モチであのポケモンを作る

せっかく工作するなら、もう一色ほしいよね!

ということででもモチを作ってみます。

ハハコグサの花

集めた花と茎をジューサーでギューン!

ハハコグサの花のペースト

これを、同じように白玉粉に合わせますよ。

ハハコグサの花のペースト

練ると、ほんのり黄色い生地ができました。

ハハコグサの花のおもち

茹であげてみたら、この通り二色のモチができました。

ハハコグサの花のおもち

うす~~~く伸ばした生地もいい具合に湯であがりました。

ぜんっぜん崩れません、すごいぞ繊維のチカラっ!

ハハコグサのモチを茹でたやつ

これをカットして、お洋服を作ります

ハハコグサのおもちで工作する

仕上げに、焼きごてで…

ハハコグサのおもちで工作する

ジュッとお顔をつけちゃったりなんかして…

ハハコグサのおもちで工作する

できました!

ハハコモチのクルマユ!

ハハコグサのクルマユ

かわいいっ♪

○○○○のこうげき!

全国のポケモントレーナーの皆さんに、

「「 そこはハハコモリじゃないんかーい! 」」

と総ツッコミを受けそうですが、スミマセン私の技術力(と材料)が足りず…

ハハコグサのクルマユ

クルマユ(ハハコモチのモデル)※ポケットモンスター ブラック2 より
クルマユ

でもほら、

ハハコモリというポケモンは、“クルマユにお洋服を作ってあげる"習性があるんですよ。

ハハコモリ(おそらくモデルはハハコグサ)※ポケットモンスター ブラック2 より
ハハコモリ

つまりハハコグサが我が身を削って茹であげて!!

…おくるみを作ってあげたということで。

うんうん、イイハナシダナー。

ハハコグサのクルマユ

「…そんな。」

そんなわけ、あるモチかーっ!!

ハハコグサのクルマユ

バリーン!!

ハハコモチのからをやぶる!!

ハハコグサのクルマユ

ハハコモチはカラを脱ぎ捨て身軽になった。
ハハコモチのこうげきがぐ~んとあがった!!

ハハコグサのクルマユ

ハハコモチのとくこうがぐ~んとあがった!!
ハハコモチのすばやさがぐ~んとあがった!!

ハハコグサのクルマユ、からをやぶった

ハハコモチのこうげき!!
ギャアアアアアアアアアア!!

完。

まとめ

はい、なんか色々とごちそうさまでした。昔はヨモギではなくハハコグサで草モチを作っていたという話が気になり、実際にハハコグサをつんでお餅にしてみました。

香りはヨモギに劣るものの、弾力は繊維の多いハハコモチのほうが優秀。うす~く伸ばしても平気なんです。コシのある団子やうどんを作りたくなったら、この草のことを思い出すことにしましょうそうしましょう。

ハハコグサ(母子草)

【採取場所】空き地、河原
【採取時期】1月~4月
キク科ハハコグサ属。春の七草のゴギョウとはこれのこと。二年草で、ロゼット状態で冬をこす。七草粥に利用する場合はこの葉をつむ。黄色いぽんぽんのような花と毛に覆われた細長い葉が特徴。この葉が古くは餅のつなぎとして利用された。

参考にさせていただいた資料:Wikipedia、ヤマケイポケットガイド 山菜・木の実

宣伝コーナー

ポケモン2022年新作!今回はオープンワールド。

山善 ミルミキサー。スパイス・コーヒー・ジュース コレ一台!!

すごすぎる身近な植物の図鑑!!

【おまけ料理レシピ】ハハコグサのハハコモチ

【材料】
ハハコグサ葉・茎 x両手いっぱい
白玉粉 x100g
水 x適量

【作り方】
1.
ハハコグサは綺麗な葉を選んでつむ。
めんどうなら花と茎も使えるのでぶちぶちつんでよい。

2.
つんできたハハコグサをよく洗い、
ジューサーに水とハハコグサを入れ、ペーストにする。

3.
白玉粉を半分ボウルに出し、ハハコグサと混ぜる。
残りは固まり具合を見ながら、粉と水を少しずつ足して調整する。
・しゃばしゃばでうまく団子にならなければ→粉を足す
・ボロボロ崩れて団子にならないのであれば→水を足す

4.
耳たぶほどの硬さ(当社比)に練ったら、熱湯で茹でる。

5.
2~3分ほど茹でて、モチが浮いてきて1分ほど経ったら水にあげる。
あんこやきなこを添えて食べると美味
弾力があるので、汁物にも合いそうです。