東京でとって食べる生活

アメリカナマズを美味しく食べて減らそう

calendar

reload

ナマズを食べたことがありますか?

ない?

いや、もしかすると食べているかも。

例えば、何処かで食べためっちゃ美味しいフィレオフィッシュがナマズだったりする…!?

…かもしれません。

そんなわけで、ナマズは川魚の中でもトップクラスに美味しい魚。とりわけ揚げ物にすると身がトロッとして最高なのです。

最近では「パンガシウス」という種類の巨大ナマズの切り身がイオンなどスーパーで売られるようになり、意外と身近なものになってきました。

さて、そんなナマズの仲間の「アメリカナマズ」が東京でも採取可能な事をご存知でしょうか。

場所はズバリ、大都会を流れる江戸川!

また、江戸川と流れと共にする利根川~霞ヶ浦の水系です。

もともとは霞ヶ浦で養殖されていた個体が事故で流出し自然繁殖してしまったもの。現在は広い範囲に生息しています。

霞ヶ浦、だだっぴろいです

このアメリカナマズは名前の通り外来種で、霞ヶ浦では嫌われ者です。

悪食でなんでも食べるため在来種を食い尽くしてしまったり、ヒレにトゲがあるため漁師さんにケガを負わせてしまったり、なかなかの悪さっぷり。

すでに広範囲に広がっているため、完全に撲滅する事は困難。せめて、少しでも個体数を減らすため積極的に捕獲に協力していきたいところです。

捕獲方法はといいますと、エサを食べる魚ですので釣りでつかまえます。

仕掛けはシンプルな「ブッコミ釣り」でじゅうぶん。竿の先に、オモリと針をつけただけのシンプルなものです。

針は何でも構いませんがタイ用やワーム針など大きめの針がおすすめ。オモリは6号あたりが流されづらく扱いやすいです。

可能であれば大物がかかったとき用にタモ網があるとベスト、なくても手づかみで水から上げられる場所なら問題ありません。

ナマズが活動する時間は主に夜、この時間に仕掛を流れが緩やかな川底に沈めます。

向こうアワセで、アメリカナマズがかかると糸をゆっくり引っ張っていきます。ほとんど泳ぎませんので、巻き取るときに根掛かりかと思うこともしばしば。

取り込みは難しくありませんが、糸がきれないようじっくりゆっくり寄せるのと、水面で一度暴れるのでドラグを緩めておくのがポイント。スタミナは無いようで、暴れるのをやり過ごせばすんなり手元にやってきます。

触れる際は背ビレと胸ビレのトゲに気をつけて下さい。太い骨に鋭利なギザギザがついており下手に触るとケガをします。

ココと!ココです!

なお捕獲したアメリカナマズは特定外来種に指定されているため、生きたままの運搬はできません。

持ち帰る前にエラを切り血抜きをする作業を必ずやるようにしましょう。これで確実に死にますし、味もグンとよくなります。

さてさて、持ち帰ったらお楽しみの料理タイム。

腹を切って内蔵を出したあと、三枚におろすのですが、皮目に川魚のニオイがついているため皮をきちんと剥ぎ取るのが美味しく食べるコツ。

皮をはぐと美味しそうな白身がとれます。

フライにして食べるのが特におすすめ。

ウナギのように蒲焼きでも美味しくいただけます。身が柔らかく崩れやすいので焼く際にご注意を。

ちなみに、霞ヶ浦ではアメリカナマズを養殖・販売し名物にしています。

西京焼き

照り焼き

どれも美味しそうです。

ちなみに、冒頭のバーガーは霞ヶ浦の道の駅で売ってるなめパックンというナマズバーガー!

臭みゼロでとても美味しいです。

これらは霞ヶ浦にある「道の駅 たまつくり」で売ってます。釣らなくても食べられますので、気になる方はぜひこちらで味見を。

いやしかし、これだけ美味しいアメリカナマズが釣れば手に入るのです。ぜひとも釣りにチャレンジし一緒にやつらの数を減らしていきましょう!

でっかいのも釣れますよ!

 


○まとめ

アメリカナマズは厄介な外来魚で、今なお数を増やしています。

しかし奴らには弱点が・・・釣りやすいこと。そして美味しいことです!とって食べて…食い尽くしてやりましょう。

■アメリカナマズ
ナマズ目アメリカナマズ科、別名チャネルキャットフィッシュ。アメリカ北部から移入された外来種。霞ヶ浦水系でなく、阿武隈川水系、宮川水系・矢作川水系、那珂川水系、琵琶湖、瀬田川でも捕獲例があるとのこと。近隣の方には是非チャレンジしていただきたい。


【おまけレシピ】アメリカナマズのフライ

【材料】
アメリカナマズ x1匹
溶き卵 x適量
小麦粉 x適量
パン粉 x適量
揚げ油 x適量

・臭み取り
塩 x適量
酒 x適量

【作り方】
1.
アメリカナマズは腹をきり内蔵をだしたのち、三枚におろし、皮をはいで半身にします。
大きさによりますが10センチほどに軽く切り分けておきましょう。

2.
臭みが気になる場合、かるく塩もみをし1分ほどおいたのち、数分ほど酒につけておきます。臭みが和らぎます。気にならない方は塩をふるだけでOKです。

3.
ナマズの切り身に小麦粉、溶き卵、パン粉の順に衣をつけます。

4.
油を170度~180度ほどに温め、キツネ色になるまで揚げます。
カラッと揚がれば完成!
トンカツソース、塩、ポン酢、好みのたれでいただきましょう。


ポチってくれると励みになります!
にほんブログ村 アウトドアブログ 自然体験へ

記事をシェアする

コメント

コメントはありません。

down コメントを残す




スポンサーリンク