マスタケはチキン味ってホント?マスタケナゲットを食べてみた

キノコマスタケ,季節【秋】


キノコって、本当に様々な種類がおります。

日本の一番くわしい図鑑でも1000種類くらい乗ってるんですが、その名前のってないやつや、そもそも名前がついてない奴がいるんだそう…!

んで、中にはチキン味のキノコもいるらしくって…

キノコで、チキン味!?

そう、そいつはマスタケ。

今回はそんなマスタケをチキンナゲ…じゃなくてマスタケナゲットにして、食べてみた話です。

マスタケは棒でとる!

秋の深まった頃、とある森の中でキノコとりをしていると、同行者が木の上にオレンジ色の物体を発見。

「何だ何だ?」

と近づく我々。

眼の前に現れたのは…

ててーん!

針葉樹の老木にへばりついている黄色いサンゴみたいな構造物。

これはマスタケ!めっけもんですよ。

しかしこれが3mほどの高所ところについていて、手を伸ばしても届かない…

というわけで、「棒でつついて落とす作戦」でいきます。ひとりが棒でつついて、もうひとりが下でキャッチ!

いきますよー!

※せっかくなので動画にしてみました

「「ウワーッ!」」

というわけで、アクシデントはあったものの無事マスタケをゲット!

ご満悦の私。

マスタケってどんなキノコ?

さて、とったマスタケがこちら!かなり大振りな個体。

マスタケのマスは魚の鱒(マス)、つまりシャケ。あのオレンジ色の身に見立てたネーミング。

落ちてきた塊の裏はこんな感じ↓

木に張り付いているというか、木の中から生えてきた風に見えます。

それもそのはず。マスタケはサルノコシカケの仲間で、腐生菌という木材を分解して養分を得るタイプのキノコ。死んだ木や、弱った老木に寄生します。

サルノコシカケは固いキノコなので薬向きなのですが、マスタケは条件次第で柔らかく、可食とされるキノコ。一番美味しいのは幼菌の丸みがあるものだそうで、耳たぶのような柔らかさが目印。今回とったものはやや成長していますが、まだ柔らかいのでいけるんじゃないですかね(たぶん)

※可食と言われていますが、このキノコには複数の仲間がおり確実に安全とは言えません。十分に注意して下さい。また、生食をすると中毒をすると言われています。

マスタケには何種類か仲間がいて、マスタケ、ミヤママスタケ、アイカワタケなどと呼び分けられています。

今回は針葉樹だったのでおそらく"ミヤママスタケ"ではないかと推測。

ミヤママスタケの特徴は大きな株になりやすいようで、今回のものも相当でかかったのもそれっぽい。

でっかいので半分ほどとって、残りはそのままにしておきました。

まぁこんな沢山食べきれませんし、残しておけば今後増えてくれるかもしれませんしね。また来年会おうぜ!

マスタケを料理してみる

持ち帰ってきたマスタケは、ナゲットで食べてみることにします。だってチキンの味と言われてますし。

…というわけでまずはニンニク醤油に漬け込み。

1時間ほど漬けて味をなじませたました。

見た目は完全にキノコですが、さてどうなる…?

片栗粉につけて、

180度の油でじゅわわわわ~~~っ!と揚げます。

揚がりました。

おぉ、見た目はすっごくニワトリの唐揚げっぽい!!

問題は味です、さぁどうだ!

マスタケの味は、チキンなのか?

フライドマスタケをお皿に盛ってみました。

うん。完全にフライドチキン。言われずに出したらわっっかんないやつですよこれ。

ま、食べてみましょう。

いただきます!!

はむはむ…

おぉ…

ムチッとしたしっかり食感に、油の旨み。

若干パサつきはするものの、“薄くしたムネ肉のフライ"と言われたら、だまされちゃうかもしれません。

ちゃんと美味しいし、唐揚げっぽさもあります。

あんまりにも美味しくって翌日にリピート

色々試してみましたが、特筆すべきはバーベキューソースとの相性ですよ。

マックのナゲットソースみたいな味やつなんですが、これがすばらしくよくって、完全にチキンナゲット!

他にシラチャーソースなんかも相性がいいです。

台湾のピリ辛ソースですが、かければエスクニック料理に変身。うまい。

マスタケのホワイトソースは?

アメリカのwikipediaで調べていたところ、「マスタケはカニやロブスターの味に似ている。ソテーが美味しいし、ミルクで煮詰めても美味しい。」なんて書いてあるので、

クリームソースも作ってみることに。

細切りにしたマスタケをバターでソテーをして、

牛乳で煮つつ崩しまして、

ミキサーでぐっちゃぐちゃにしてみました。

これを牛乳でなめらかにして、マスタケのクリームソース、完成。

お味は、しっかりめのキノコ味がついていかにもキノコスープだな!って感じ

ただマスタケのボソボソした食感はマイナス。濾したほうがうまいかも。やや成長しすぎてたせい、でしょうかね?

ごちそうさまでした。

まとめ

木の上にできるサンゴみたいなマスタケをとって食べてみました。

事前情報では「チキンの味がする」と聞いていましたが、揚げて食べると確かにチキンっぽい味。薄揚げにしたナゲットと言われたら信じちゃうくらい。今回やや育ちすぎてボソボソしていたので、今度はもっとフレッシュなものを食べてみたいところです。

マスタケ(鱒茸)

【採取場所】山林
【採取時期】秋
サルノコシカケ科マスタケ属。腐生菌であり老木などに寄生して養分にする。魚のマスの肉に似たオレンジ色だからマスタケ。本文中の個体はおそらく針葉樹につく「ミヤママスタケ」。若くやわらかいものは食用になる。生食をすると中毒するため必ず加熱調理する。

参考にさせていただいた資料:Wikipedia
キノコとり:H氏、A氏

宣伝コーナー

個人的に一番うまいバーベキューソース。マックのソースを高級にした味!


辛くて美味しい台湾のソース。BBQソースと割っても美味しい

日本いち分厚いキノコ図鑑!すっごいたくさん乗っています。

【おまけ料理レシピ】マスタケナゲット

【材料】
マスタケ
おろしニンニク
醤油
料理酒
片栗粉
オリーブオイル

バーベキューソース ※オススメ!

【作り方】
1.
マスタケは若いもの(折れ曲がるくらい柔らかいもの)を選んでとる。

2.
ニンニクをすりおろし、醤油と酒を1対1で混ぜたものと合わせる。

3.
マスタケの汚れをとり、一口サイズにカット、
2に浸す。30分~1時間ほどそのまま。

4.
マスタケを取り出し、片栗粉をたっぷりとまぶして、180度の油でカラッと揚げる。

5.
あればバーベキューソースをかけて食べる。ほとんどマックのナゲットの味。
なければ、ケチャップとウスターソースを混ぜて砂糖を加えると似た味になる。