東京でとって食べる生活

アライグマが旨いので料理レシピを書き留めておく① アライグマハンバーガー

calendar

東京でとってるアライグマがとてもウマい!

煮てヨシ!

焼いてヨシ!!

臭みは多少ありますが、料理次第でほとんど気になりません。

アライグマ肉(グリル)

というわけで、そんな優秀な食材アライグマの料理レシピを紹介するコーナー。

第一弾は原産地のアメリカナイズドなハンバーガーにしてみました。

美味しいので、とって食べて減らしていきましょう!

スポンサーリンク

レシピ① アライグマハンバーガー

材料

■アライグマハンバーグ
・アライグマの肉 x200~300gくらい
・玉ねぎ x1個
・にんにく x大さじ1(チューブ可)
・パン粉 x大さじ2
・卵 x1 ※なくてもOK
・塩 x適量
・コショウ x適量
・クミン x適量

■ハンバーガーのトッピング
・パンx 2~3個
・トマト x1個
・レタス x数枚
・チーズ xお好みで

■ソース
・ケチャップ
・マヨネーズ ※お好みで
・デミグラスソース ※お好みで

作り方

1.

アライグマのひき肉を作ります。

お肉の部位はどこでも構いません。私が作るときは横隔膜のようなホルモン系や、精肉するときにでた端肉を使って作ることが多いですね。

お肉は混ぜちゃえばだいたいうまいので、

さて、ミキサーにかけてミンチにするのですが、その前に事前に余計な脂身はとっておくとベター。

この脂、甘くてうまいのですがヤヤにおいます。好みでなければとっておきましょう。

また、ミキサーにかけるときに玉ねぎを入れると、入れるとミキサーの負担が減ってグッド。水分が補填されてジューシーになってなおグッド。

セロリなんかを入れるのもオススメです。

ミンチにしたあとは、クミン・コショウ・塩パン粉を加えてこねて、ハンバーグに整形します。

火の通りをよくするために、真ん中を凹ませておくのがコツ。ジビエの半生は怖いですからね。

2.

ハンバーグをフライパンで焼きます。
焼く前に軽く小麦粉(分量外)をふっておくと、肉汁がキープされて良い感じになります。

たっぷりのフライパンに油をたらして、裏返しつつじっくり弱火~中火で焼きましょう。
焼けてきたら塩・コショウをふっておきます。

3.

パンをトースターでこんがり焼いておきます。
こんがり焼ければマフィンでもフランスパンでもLチキバンズでも何でもOK。

4.

トッピングの具材を用意します。レタスはパンと同じくらいのサイズにちぎって、トマトはスライスしておきます。その他入れたい具材をお好みではさんでもOK、味の濃いものがオススメ。

5.

お肉が焼けたら、パンにはさんでソースをかけたら完成!

ソースはケチャップでじゅうぶんうまいのですが、マヨネーズ・デミグラスソースを混ぜると本格的に。

最大のポイントはアツアツのうちにいただくこと!

というわけで…

いただきます!!

ガブリ!

ウマ!

…かぶりつけば口いっぱいに広がるジャンキーなウマさ。

さすがアメリカ産のけもの、ハンバーガーとの相性はバッチリです。

ちょっぴり野性味がしますが、トマトやチーズと共に食べればそれほど気になりません。むしろナイスアクセント。

これがアメリカ人の大好きな味なんですね…!
(多分違います)

クセもそうですが味が濃いのでトッピング風変わりしそうです。例えばアボガドパイナップルとかとか?イロイロなトッピングとの相性もチェックしてみたいトコロ。

ごちそうさまでした!
アライグマ、うまいです。


■アライグマ
食肉目アライグマ科アライグマ属。その名の通り水辺を好む。都市部では水かさ数センチほどの用水路を好んで通り道に使う。跳躍力に優れ、1メートルもある用水路からピョンとあがってくる。

【注意】
本種は鳥獣保護法により保護されております。とるには狩猟法にしたがう必要がありますのでご注意ください。

アライグマをとる記事はコチラ

アライグマが農地を荒らすのでとって食べたらメッチャ美味しかった

アライグマをとる記事はコチラ

アライグマが農地を荒らすのでとって食べたらメッチャ美味しかった


ポチってくれると励みになります!
にほんブログ村 アウトドアブログ 自然体験へ

記事をシェアする

コメント

コメントはありません。

down コメントを残す




スポンサーリンク